あらたま漢方診療所について

  • あらたま漢方診療所について

漢方診療所とはどんなことを行う病院なのですか?

西洋医学で十分に治療効果が得られていない患者様に対し、東洋医学的視点から考え、漢方医療を併用することで新しい可能性を提示します。可能性には治療だけでなくライフスタイルや食生活も含まれます。

対応している診療はどのような診療ですか?

日本漢方は江戸時代に独自の進化を遂げ、発展しました。その時には西洋医学はまだ日本に導入されていないので、すべての疾患に対し漢方治療が行われていました。よって、すべての病態に対して西洋医学と東洋医学を統合は新たな可能性を秘めていると考えています。ただ、今のところ漢方治療が効果あるとされているのは更年期障害などの婦人科疾患、加齢に伴う問題、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、うつ病・認知症などの精神疾患、便秘や慢性胃炎などの消化器疾患、花粉症やじんましん等のアレルギー疾患、頭痛・冷え性・疼痛性疾患・むくみなどが代表的です。

当院でももちろん上記の患者様に対応させていただきますが、特に冷え性・循環器疾患(動悸・息切れ)、先天性心疾患をお持ちの患者様の諸問題に特化していきたいと考えています。

診療の流れを教えてください

望診(体格・肉つき・顔色・皮膚・毛髪・発疹・動作・歩行など、静的状態と動的状態の観察、舌診が特徴)→聞診(聴覚と嗅覚からの情報)→問診(自覚症状や普段の生活の様子)→切診(患者様の体にじかに触る診察、脈診と腹診、特に日本漢方では腹診が重要。)という東洋医学的診察から、患者様の証をみて漢方薬を処方します。まずは保険適応であるエキス剤から処方します。一般的な治療方針としては、まず証に合うと思われるエキス剤を1剤投与し、2週間ほどで改善した点、不変な点を確認し、エキス剤に生薬末を加える(加方)、あるいは2種類のエキス剤(合方)を投与する。2週間〜4週間ほどし、効果がないあるいは足らないようなら証を取り直し、方剤を変更する。(転方)これを繰り返し、患者様一人一人に合った治療を模索していきます。

漢方治療は基本となる方剤(例:桂枝湯)に生薬を足したり引いたりして患者様に合わせていく加減方(桂枝加桂湯・桂枝去芍薬湯など)が重要ですが、エキス剤では加方はできても減方はできませんし、そもそも煎じ薬をエキス剤にした際に効果も減じていると考えられえる(例えるなら煎じ薬は豆を厳選し、自家焙煎してのドリップコーヒー、エキス剤はインスタントコーヒー)ので、どうしてもよくならない患者様には煎じ薬をお勧めします。ただし煎じ薬のもととなる生薬は昨今、仕入れ値が高騰しているので自由診療となり1か月で2-3万の治療費がかかる場合があります。