漢方治療について

漢方とは?

西暦200年ごろの中国(漢の時代)が起源とみられる医療が遣唐使や遣隋使により輸入され、江戸時代の鎖国政策により日本独自の発展を遂げた医療体系、薬理作用を持つ植物性・動物性、あるいは鉱物性の生薬を組み合わせて煮だし、内服することで病気を治癒させるものです。

漢方で病気は治るのか?

日本漢方は江戸時代に独自の進化を遂げ、発展しました。その時には西洋医学はまだ日本に導入されていないので、すべての疾患に対し漢方治療が行われていました。よって、すべての病態に対して西洋医学と東洋医学を統合は新たな可能性を秘めていると考えています。

ただ、今のところ漢方治療が効果あるとされているのは更年期障害などの婦人科疾患、加齢に伴う問題、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患、うつ病・認知症などの精神疾患、便秘や慢性胃炎などの消化器疾患、花粉症やじんましん等のアレルギー疾患、頭痛・冷え性・疼痛性疾患・むくみなどが代表的です。

症状としてはイライラ、ホットフラッシュ(のぼせや多汗)、月経困難、月経不順、頻尿、物忘れ、しみ、脱毛、性欲減退、皮膚湿疹(アトピー、尋常性乾癬、じんましん・手湿疹など)、ふらつき、うつ症状、そう症状、便秘、食欲減退、胃もたれ、下痢、嘔吐、腹痛、咳、鼻汁、口腔内アフタ・頭痛・疼痛・むくみなどが挙げられます。

現在診療されている病院の他に、漢方からのアプローチをお考えであれば、お気軽にご来院ください。患者様のご状況に応じて適切な漢方を処方させていただきます。

漢方の特徴についてはこちら

漢方は保険適応なのですか?

漢方は保険適応のものと、保険外診療(自由診療)の2つに分かれます。
「エキス剤・生薬末」は保険対応「煎じ薬」は当院では保険外診療となっています。

エキス剤・生薬末と煎じ薬の違い

本来の漢方薬は生薬を組み合わせ、煮だした液体を内服するものです。例えるなら煎じ薬は豆を厳選し、ブレンド、焙煎しドリップして作る本格的なコーヒー、それに対してエキス剤はインスタントコーヒーと考えた方がわかりやすいかもしれません。煎じ薬の方が効果が高いのです。

エキス剤・生薬末と煎じ薬どちらが良いかは、患者様の症状や状態によって異なりますので、相談しながらお決めになられるのが良いかと思います。

漢方の正しい飲み方を教えてください。

食前または食間・温服が基本、煎じて温かいうちに内服します。このためエキス剤でもお湯に溶かして飲んだ方が効果が高いとされています。(例;真武湯)方剤により冷服(冷まして飲む、例;五苓散)こともあります。処方の際に飲み方などは丁寧にお伝えしますので、飲み方について不安の方もご安心下さい。