動悸息切れでお悩みの方へ

  • 動悸息切れでお悩みの方へ

動悸息切れの原因

心臓の病気・肺の病気以外に貧血や甲状腺機能異常、自律神経失調症や更年期障害などで動悸息切れが起こります。また、精神的なものなども原因の一つとなりますので、患者様の状況をしっかりと聞くことが漢方医としては大切になります。

動悸息切れの症状

動悸息切れは、ドクンドクンと拍動をご自身で意識する状態や激しい運動をしていないのに息が苦しいなどの症状が現れます。それに伴い、不安感が襲ってくるのが特徴です。

原因でもお伝えしましたが、心疾患や肺の病気だけでなく、貧血や甲状腺機能異常、更年期障害がきっかけで動悸息切れを起こすことがあります。

どのタイミングで病院に行けばよいか?

一時的なものであれば様子を見るというのが一般的ですが、一時的でも心配になられると思いますので、まずは「気になったら病院で診てもらう」というのが一番のタイミングだと思います。動悸が継続的に起こるようでしたら、大変な病気に発展することもありますので、なるべく早く病院へかかってください。

動悸息切れに漢方はどのような効果があるのですか?

自律神経失調症や更年期障害では西洋医学の治療法が少ないので漢方の方が適応があるといえます。心臓の病気・肺の病気以外に貧血や甲状腺機能異常の方は西洋医学の治療を十分しても効果の薄い方には漢方治療でよくなる可能性があると思います。