冷え性と漢方について

どうして冷え性になるの?

冷え性の原因は生活習慣(運動不足・食生活・衣類)や自律神経の乱れによると考えられます。ご高名な漢方医であった小倉重成先生は「傷寒論による漢方と鍼灸の統合診療」という著書の中で、冷え性の人が増えている要因を「最近では、衣食住その他の生活様式から、身体を内外から冷やすことが多くなった。」とし、「果物、生野菜、アイスクリームその他の陰性食、加工添加物食品に加うるに冷蔵庫、冷房の普及、さらには乗り物の普及による運動不足など、冷えと貧血を招く要因が多い。」と説いています。

冷え性の状態と特徴

体温計で測っても体温が低いわけではないが体全体あるいは一部(手足や腰、腹部など)が冷たい感じがする。しびれ感を訴える人もいます。このように自覚症状から判断される状態であることが特徴ですが、中には全く自覚症状がない冷え性の人もいます。このような人を潜証と呼び、冬に過度な暖房を使っていないか、厚着をしていないか、陰性食品をとり続けていないか、過度に冷房を使用していないか、運動不足でないかなどを聞いたり、顔貌に締まりがなく、言語動作が遅鈍でないか、手足が冷たくないかなど疑って診察する必要があります。

冷え性になる人の特徴

冷え性の原因は生活習慣(運動不足・食生活・衣類)や自律神経の乱れなので、運動不足、夏に極端な薄着、過度の冷房の使用、食生活の乱れ、陰性食品の取り過ぎなどに当てはまる人です。

冷え性に関係する病気・症状

冷え性はすべての病気に対し経過を修飾するものです。ある病気に対して治療しても効果が十分に出ないときに、その患者に冷え性がある場合は、冷え性に対する治療を先行すると元の病気の治療がうまくいくことががよくあります。

冷え性を放置しているとどうなってしまうのですか?

冷え性だけなら何も起こらないこともありますが、何かほかに問題が起こった場合により症状が悪くなることがあります。

冷え性の状態と代表的な漢方

結局、漢方は証をみて投薬をするので証に合った漢方薬を選択します。肝気鬱結なら四逆散など、瘀血なら当帰芍薬散など、腎虚なら八味地黄丸などです。漢方薬の中には一般医薬品として医師の処方箋なしで購入できるものもありますが、漢方内科に受診して、適した漢方を内服することが大事です。

冷え性Q&A

Q.私は冷え性なのですがどの漢方薬を飲んだらいいですか?
A.漢方のことに詳しい医師にしっかり見てもらいましょう。漢方薬も副作用がないわけではありません。